2010年4月29日木曜日

ケルンの週末のこと

 夫は、ドイツ在住時代はサッカー観戦が好きで、よく行っていた。ブリュッセルにきてからはこどももいることもあって、行かずにいたのだが、この間、ついにまた行って来た。ケルンFC。金曜日の夜の試合なので、夫は少し早引けして来て、車で出かける。
 スタジアムだから、食いっぱぐれるかもしれないと、おにぎりも作った。出がけに、こどもが「私のおにぎりは自分で持つね~」と言って、自分の鞄に入れる。これが正解で、あとで宿で、荷物を開けてみたら、親はすっかり持って来るのを忘れてしまって来ていた。こども一人、喜々として食べていた。そして、ぽつんと家に残されたおにぎりは、日曜に帰ってすぐ捨てられてしまったのであった。

 さて、今回は、スタジアムのあるケルン郊外のJunkersdorfに宿を取った。体育専門学校のある街。学生街の雰囲気も、郊外のまだ小さいこどものいる家族の多い住宅街としての性格も持っていて、宿からスタジアムへ歩く道も楽しかった。広い緑地、舗装のきれいな歩道(ブリュッセルの舗装は、ほんとうにひどいので!)、歩道にチョークの落書き、→が書いてあったりして、うちのはそれを追って走っていた。ほんとうにチョークが好きだなあ、と私が笑うと、こどもは「こどもはみんな、チョークが好きさ」という。そんな言い回しをどこで覚えて来るんだろう。整備された自転車道を、家族連れや学生が自転車で通るし、家々の前庭には、こども用も含め、家族全員の自転車が並べられている――。ここに住みたい! と夫と二人で盛り上がる。もちろん、そんなことは無理なのだけれど。昔、小塩節氏のエッセイに出て来たカフェは、すっかりFCケルンファン御用達のスポーツカフェになっていた。外でソーセージを焼いて売っているので買って食べる。
 スタジアムについて、まずはショップ。こどもにユニフォームを喜々として買い与え、自分も、買うかどうするか悩む夫。家にあるユニフォームは弱い時代のものなのだそうだ。けっきょく彼はTシャツにしていた。私は応援用の?マフラー。黒にワンポイントのかなり地味なもの。普段でも使えるかもという趣旨で選んだのだが、この日も、そしてその後も、しばらく寒い日が続いて、実は重宝しているのであった。
 鉄骨とコンクリートむき出しの無骨な、神宮球場を思わせるスタジアムの外階段を上がって観客席に向かう。地元信金?のSparkasseがバンバン風船、というのだろうか、膨らまして打ち鳴らす風船を配っているし、夫の愛用しているホテル予約サイトがストラップを配っている。

 以前は、スタジアム内ではアルコール飲料を売っていなかったが、今回はビールが売られていた。時代に逆行している気もしないでもないけれど、ファンが紳士になったということかもしれない――と思ったが、この日の対戦相手はBochum。途中でファンが警備員を殴ったり、発煙筒を焚いたりしていた。スタジアム内では、ホームのファンとアウェーのファンは、出入り口も別にしてある。また、安い立ち見スタンド(野球での外野席の扱いか?)もアウェーのファンが入るところを柵で囲い、その柵をがっちりと大量の警備員や警察が固めている。ざっと見た感じ2%くらいかという狭いところに押し込められて、日本で言うと、甲子園のアウェーファンかという感じだが、まあ、そんなわけで、決しておとなしくはしていない。以前は、帰りは警備員が誘導して、帰る道も違う道を通って帰るようにしていたくらいだった。
 日本のチームもそうかもしれないけれど、ドイツのチームは、近いもの同士、ファンが仲が悪い。以前、エッセンのスタジアムで入場するときに、まわりに立ち見席とおぼしき柄の悪いファンがたくさんいたけれど、どこで売っているのか、「**(隣町のチーム)の奴らは豚の息子」をはじめとして、かなり放送禁止用語的なフレーズ及びイラストの書かれたワッペンを大量に貼付けたGジャンを着込んでいた。
 夫は、ボンから観戦に行くので、ケルンと、レバークーゼンの二つのチームのスタジアムによく行っていたが、この二チームがまた仲が悪い。夫は、応援用に? ユニフォームまで買って着込んでいて、玄関先のコート掛けに両方掛けていたのだが、あるとき、郵便屋さんに、「そのユニフォームが両方あるって変じゃない?」と聞かれたことがある。「うーん、夫のだから。私はよくわからない」と適当に返事をしたのだが、「いや、それ、絶対に変」と主張されてしまった。
 
 さて話戻って。
 試合開始前から、グラウンドでは、協賛会社の披露があったり、チアガールがパフォーマンスしたり。そして、スタメン選手のコール。よくある試合風景ですね。電光掲示板に顔写真と、名前や出身地などのデータが出て、ファーストネームをアナウンスすると、スタンドから、ファミリーネームをコールする。どんどん気分が盛り上がって来るところで、FCケルンの応援歌が流れる。観客は総立ちになって、応援用のマフラーを両手で高く掲げて左右に身体ごと揺すりながら歌う。当然夫も、私のマフラーを取り上げて歌っていた。この歌も入ったFCケルン応援CDというのがうちにある(ほか、流行歌の替え歌や、ケルンのご当地バンドHoenerも歌う、とにかく「ケルンケルン」騒いでいるCD)ので、こどもにも耳なじみがあって、一緒に歌っている。二番に入って、テンポが上がると、みんなマフラーを右手に持ち直してぐるぐると回して歌う。ふと見ると、アウェースタンドでは、まったく違う歌をがなっている。
 私は、サッカーはまったくルールも分からないし、野球だってたいしてよくわからないけれど、こどもの頃には熱狂的な阪神ファンの母親に、結婚してからはこれまた阪神ファンの夫に野球に連れて行かれていて、こういうスタジアムの雰囲気は大好き。日本でビールが一番美味しいのは、野球場のスタンドだと思っている。なので、すっかり気分が盛り上がってくる。こどもも、バンバン風船を膨らまして渡してやると、要領よく打ち鳴らしている。そう、こいつも1歳くらいのときから毎年、母親孝行と称して、年に一度は母も含めた4人で野球場に行っていたのだ。こどもが生まれる前には、残業後に待ち合わせて神宮に行ったり、東京で住んでいたのが東京ドームのそばだったので、当時はまだ本拠を置いていた日ハムの消化試合――なんていう空いた週末のデイゲームに、ふらっと行ったりもしていた。

 試合は前半にケルンが1点を入れる。後半に入って、あきらかにこどもが飽きて来ているので、夫は、適当なところで帰ろうと言うが、ケルンが押され気味でなかなか帰れない。終了10分前くらいに、でも見切って立ち上がった。スタジアムを出る前に、大きな歓声が上がって、壁のモニターを見ると、追加点が。これで負けることはあるまいと、気分よく帰ることにする。帰り道、また住宅街を通って帰る。家から明かりがもれていて、こどもが作ったらしいイースターの飾りが見えたりする。試合が終わったのか、背後から歓声が聞こえ、また応援歌も聞こえてくる。なんか、やっぱり日本で野球を見た帰りっぽい。

 翌日は、今年150周年を迎えるというケルン動物園へ。150年前というと、桜田門外の変だそうだが、マーラーの生まれた年でもあるそうだ。そうたくさん行っているわけではないが、ヨーロッパの動物園の中で、私はここが一番好き。ゆったりしているし、動物が近くに見られる。栄養状態? も良いような気がする。ここでで「レバークーゼンの奴らは地獄に堕ちろ」と書かれた死神イラスト付きのワッペンをつけたGジャンを着ている若者に出会う。ああ、今でもあるんだなあ。動物も楽しく見て回るこどもだけど、最後にある巨大な遊び場が一番好きで、そこへはまり込むともう出られなくなる。縄吊り橋を渡るアスレチック遊具があったり、長いステンレスチューブになった滑り台があったり。去年来た時は、上れなかった縄梯子が上れるようになったり、すべり棒で滑り降りられるようになっていたり、楽しめるところが増えている。だが、この滑り台を何度もやっているうちに、ふざけてうつぶせで頭から滑って、着地点の砂場につっこんでしまい、怖かったり痛かったりと、大泣きになってしまった。本当はもっと長くいて、ここで昼ご飯も済ませる予定だったのだが、アシカを見せたり、ショップに寄ったりして、機嫌を持ち直させて、ケルンの街中に戻ってランチ。この日は気温も上がって、人々は夏のような格好をして繰り出している。午後は買物。でも、人が多いせいか、やっぱりボンの方が慣れているせいか、リストを作って行ったのに、ちゃんと消化できなかった。でも、こどもはお風呂で遊ぶ浮き輪を持った女の子プレモが買えてご満悦。夫もついにプレモを買った。サッカー選手。私は、大型楽器楽譜店で、リコーダーの楽譜を買った。初心者向けの運指の練習曲集と、ドイツリート集。私も満足満足。
 この日は、また郊外に調べておいた韓国焼き肉屋で夜ご飯を食べて泊、翌朝、近所のパン屋さんが日曜日も朝だけ開けていたので、そこでパンを大量に買い込んで、一路ブリュッセルへ。午前中のうちに帰宅して、昼までのマルシェに買物に行く。ケルンまで片道2時間。ああ、毎週でも行きたいよう〜と口走る私。運転もしないから気楽なもの。金曜の夜に行っておいて、土曜に買物をして土曜のうちに帰ってくる、というのを今度はやろう、そうしたら、ボンの行きつけだった八百屋にも行きたいなあ。

0 件のコメント: