2010年2月18日木曜日

洗濯のこと

 洗濯機を壊してしまった。
 エラーコードを頼りに、排水トラップから水を出してみたり、電源を切ったり、コードを抜いたりまた入れたり、いろいろしてみたのだが、エラーコードが消えない。マニュアルを見ると「排水トラップから水を抜いてもエラーコードが消えない場合はサービスセンターに連絡しよう」と書いてある。
 ははは……。
 エラーコードから判定するに排水フィルターのつまりということになるのだが、原因になったのは、古いセーターをフェルト化してみよう! で洗濯機をおもちゃに遊んでいたから――と、まあ、完全に私の責任なのであった。なので、日頃は「うーん、とりあえず夫に相談しよう。帰って来るまで放っておくか」なのが、悪事がばれる前に! と、火事場の馬鹿力であれこれやってしまった。メーカーの日本法人のサイトに行って発見できた日本語版のマニュアルをダウンロードしたり(これまで、独仏英のマニュアルを並べて、なんとか解読していた苦労はなんだったのか)、メーカーのサービスセンターを調べ、電話し、英語で会話し、修理の予約を取るところまで一気にやってしまった。
 修理の予約は一週間後。「もっと早くなりませんか?」とくいさがるが「これが一番早いタイミングです」。しかも来る時間は「当日、電話するから」。「えーっと、何時になりますか?」「8時から17時の間。そっちに行く人間が向かうときに直接電話するから」。いや〜、ベルギー標準。もう慣れましたけどね〜。
 しかし、ベルギーのサービスセンターなので当然なのかもしれないが、オペレーター氏はまず「Bonjour!」と出るが、こっちが「Hallo!」と英語で話す気満々で返事すると「Ja!」とフラマン語で返答。続けて英語で「そちらの洗濯機××(型名)を使っているものですが」と話すと、さっと英語に切り替えてくれた。これは正直にすごいなあと思う。

 その一週間は、コインランドリーで乗り切った。
 思えば、引っ越して来てすぐはホテル住まいだったし、その後もしばらくは洗濯機がなかったから、1ヶ月以上ずっとコインランドリーだったのだ。その頃は自転車もなくて、週末はともかく、平日は段ボールにおもいっきり汚れ物を詰めて抱えながら、子供の手を引いてトラムで出陣していた。
 大規模なコインランドリーが多く、洗濯機も乾燥機も20台近く並んでいる。そして、いつも意外に繁盛している。
 普通の裕福な家庭の主婦っぽい、つまり、家に洗濯機くらいあるでしょう? と思うような人も来ていて、そういう人は、シーツやテーブルクロスといった大物を洗っていたりする。店内に上におおきなクリップ?のついたポールのようなものが立っているのだが、そこにシーツの片端を挟んで、離れて広げ、折って行くときれいにたためるのだ。また、おおきなローラーのついた印刷機か版画のプレス機かというような機械があり、スイッチを入れると熱くなって、洗濯物をそこでのすことができる。
 きれいに乾燥からプレスまでして、たたんで帰るものらしく、整理用のおおきなテーブルがある。男性が一人、一枚一枚きちんとたたんでいるのに驚愕しつつ、自分は段ボールに放り込んで帰って来てしまったこともある。最初は、自分が大雑把だからかと思ったのだが、家に帰ってたたみながら、そうだ、日本人は、人目のあるところで自分の洗濯物をいじるということに慣れていないのかも、と気づく。
 また、日本と違うといえば、規模が大きくていつも飽和状態にはなっていないせいか、みんな乾燥機は何台かにわけて同時に使っている。東京では、私もコインランドリーは乾燥機だけ利用していたし、常に乾燥機は競争状態だったので、最初は抵抗があったけれど、もちろん、時間は一気に短縮できるわけなので、すぐうちもそうすることにしてしまった。
 最近は、旅先で使うときが何度かあったけど、すっかりご無沙汰していたコインランドリー。ちょうど昼時に行ってみたら、やはり暖かいからか、若者たちがたむろしている場となっていた。近くのパン屋さんからサンドイッチを持ち込んでしゃべっている男子、けっこうべたべたなカップルもいた。外は氷点下だし、簡単な飲み物の自販機や、駄菓子のUFOキャッチャーもあるし、椅子もたくさんあるし、ちょうど時間をつぶすのに良いのかもしれないが、不思議な感じ。洗濯物をぶち込んだら、カフェに移動しようかと思っていたけど、編みかけの靴下を持ち込んで、それで私もずっと時間をつぶしていた。

 さて、修理当日。家にいなかったら「だって留守だったから」と平気で工事の人は帰ってしまう可能性大なので(以前、衛星テレビのセッティングでやられた経験あり)、子供の送りも夫に頼んで家に蟄居。「そもそも私の英語力で予約は本当に取れているのか?」「ひにちは本当に今日なのか?」「17時くらいに電話がかかってきて、『前の家で今までかかってしまった、よって今日は回れないから予約とりなおして』と言われたりして」「修理を始めたは良いが、『部品忘れてきたから、また予約取り直して』と言われたりして」(以前、ベッドの配達でやられた経験あり)と悪い想像を夫と口に出して本当にそうなってもショックを受けないようにする。
 でも、幸いなことに、12時頃連絡があり、13時には来てくれ、修理自体は簡単なものだったらしく(まあ、日本の洗濯機だったらセルフメンテの域だよね……、こっちのは排水パイプを外したりしてたけど)、すぐ終わって、これからは乾燥機を使うたびに、掃除用の排水ホース(主パイプと別にあるのです)を掃除しろとか、それをやったら、エラーコードを消すには、洗濯機自体を前傾させると消えるからそうしろとか、指導を受ける。

 日本語のマニュアルを見て、今まで気づかなかった洗濯コースやオプションをいろいろ試し、使い勝手がとても良くなって、これにて一件落着。

0 件のコメント: