2009年5月28日木曜日

お弁当のこと

 ヨーロッパでは、薄切り肉を食べる習慣がなく、ひき肉もスパイスを入れてしまい。鶏のもも肉は骨付きしか買えない。ここベルギーでも、薄切りは、わざわざ「機械を使って薄く切ってください」と頼まないとないし、慣れていないところだと嫌がられるし、薄切りといってもけっこう厚い。普通の肉屋で買えるスパイスなしのひき肉は生食用の牛肉のみ。朝市に来る日本人向けを意識した鶏肉屋さん(会話もすべて日本語OK。さらには、ドイツ語英語もぺらぺらである)が、骨なしもも肉と、スパイスなしの鶏ひき肉を持ってくる。日本人を見ると「もも肉骨なし? ひき肉スパイスなし?」と聞いてくるくらいで、やっぱりそれは日本独特ということらしい。
 ドイツに住んでいた時は、ほかの日本人がそれを不便というのを聞いても「肉は塊で食べた方が食べた気がするし、骨付きは煮込めば良い出汁が出るし、ワタクシはまったく困りませんことよ。おほほほほ」と思っていた。

 ――が、今回よく分かりました。はい、お弁当を作るとき、本当に困ります。困りました。あのときの私は傲慢でした。

 肉をちょっと焼いたり、いためたりして入れたいなあと思っても、薄切り肉はない。シューマイ/餃子は、そもそも皮から作らなくちゃいけないのもあるけれど、豚肉のスパイス入りを使うと、ソーセージ味になってしまう(当たり前)。鶏肉の唐揚げも、上記鶏肉屋さんは金曜と土曜しか来ないから、お弁当対策には役立たない。ラムはとても好きとはいえ、さすがに弁当に入れると固くなるだろうし、美味しくなさそう(夫は、前夜の残り物を詰めて持って行ったことはあるが)。ちくわとかさつま揚げのような練り物をちょっと煮てというのも不可能。サンドイッチは、ときどき遠足の時なんかに作るけれど、子供はご飯の方が喜ぶので、頻度は高くない。

 というわけで最近は
※牛ひき肉のそぼろの甘辛醤油味と炒り卵、野菜の三色丼
※牛ひき肉のドライカレー
※牛ひき肉のハンバーグ(トマト味か醤油味を付ける)
※ハム入りトマトペーストご飯
※卵焼き
※鮭に一晩塩をしておいたものを焼く
※鶏むね肉の立田揚げ
 が、ほぼ固定のローテーションメンバーに落ち着いてきた。すごいヘビーローテーションだが、あまり好きじゃないものを混ぜてバリエーションを出すより、好きなものを毎日食べる方が好きな子供で幸いだった。

 今日は、新規メニューで鶏むね肉の角切りと旬のグリンピース、にんじんとタマネギのバターライス風にしてみた。これが評価されれば、ローテーション入りだ!

0 件のコメント: