2009年3月27日金曜日

魚屋のこと

 カーニバルと、それに続いてまたボンに買い物旅行に行って、すっかりドイツ好きが復活してしまった私。これまで、夫がベルギー嫌い発言をしても、弁護に回る側だったのに……。

 でも、もちろんドイツ(というより10年前のボン)よりベルギー(今のブリュッセル)の良いところはたくさんある。そのうちの一つが、食材事情が良いことである。
 まず、日本食材は本当に良い。ボン時代には、日本米は、年に一度の私の一時帰国と、親が来るときに、まとめ買いしてそれを食いつないでいた。だいたい週一しか食べられなかったと思う。それがほぼ毎日、夜ご飯とお弁当に使えるようになった。その他、うどん/そばといった食材もかなり良くなっているし、業者が良心的なので、賞味期限を改竄して売っていたりということもない。

 そして魚。
 ドイツでは、魚を食べる習慣が北の方にしかなく、また、保たせるために薫製やら塩漬けやら加工してしまうので、ボンには生の魚の良いものを売っているところがなかった。鮭や、アンコウ、ニジマスがときどきあるくらいだった。が! ブリュッセルでは、普通に市場に新鮮な魚を売っている店が来ている。肉に比べて格段に高くつくが、冬場は、鱈、鯛、アンコウを買って鍋ばかりやっていた。

 あるとき、ネットで調べておいた生地屋(この生地屋さんも、広い店内に大量に生地があって、興奮なのだがまたそれは別の話)に初めて行ったとき、最寄りの駅から降りたら、やけに活気のある市が立っていた。見ると、一目でそれと分かるイスラム系の人ばかり。ちょっとびっくりしたが、生活感があり、活気があって、怖い感じがしない。市を抜けて、目指す生地屋に行く途中、ちょっと良さげな魚屋を発見して中に入っていると、ほかでは見ないアジやイワシといった青魚が大量に売られている。鯛なども丸のままで売られている。思わず興奮して眺めてしまったが、その日は買わずに帰って行った(肉の買い置きがあったのだと思う)。

 そして、次はその魚屋を目指してその駅に行った。前回と違う曜日に行ったので、市は立っておらず、魚屋も空いていた。フランス語で話しかけてくれたので、指で指してアジを買う。「トレトレボーン!」と言っていたが、確かに良い。アジは「ししゃ」というのだと習う。
 オーブンで塩焼きにして、味も合格。そしてものが良いのに安い。値段が肉並み(キロあたり10ユーロしない)である。うちは子供が魚(とくに青魚)好きなので、とてもうれしい。これからは魚はその店に通おうと決心した。

 次に行ったときは、つい、間違えて市の立つ曜日に行ってしまったので、とても混雑していた。私以外はみんなイスラム系で、なんだかよくわからない言葉が行き交っている。そもそも並んだりしないで、店員が「次は誰だ?」と聞くとさっと手を挙げて相手をしてもらうシステム。量もみんな大量に買って行く。私もサバを2と頼んだら(ヨーロッパではサバは小さめで食べる習慣がある)「2キロか?」と聞き返されたりした。さらに頭を落としてもらうよう頼んだら、手振りで「こう切るんだろ」と筒切りのようにするので、頼んだら、半身と骨まで切って、もう半身側はつながっていた。次の客もおなじ切り方だったので、それがポピュラーなのかな? でも、家に帰って鍋に入れるときに、切り離して筒切りにしてしまったけれど……。サバの味噌煮で大満足。

 と、まあこんなそんなで週一は通うようにしている。鯛を買ったときも、鱗を落として! というのを手振りで「こむさこむさ」と言って頼んだら、ちゃんとはらわたも出して、ひれもはさみで切ってくれたし、また魚をさばくところに客も入れるので、見て確認できて、とても満足なり。ブリュッセルのドイツよりも良いところ、のお話(魚――というのがどうかと思うけれど)。

0 件のコメント: