2009年2月17日火曜日

美容院のこと

 美容院に行ってきた。ブリュッセルに来てから二度目の美容院。日本にいるときは美容院、行くのが好きだったのに、やはり言葉が通じないと行きにくい場所のかなり上位にくる場所なのだ。そこで日本人スタイリストのいるところに行こう、と思わないところがまた、私のあまのじゃくなところ。
 私は、自分が髪に手をかけたり、流行を追ったり、いろいろ考えたり……が嫌いなのに、美容師の好みはうるさい。まず男であること。自分に自信があってこの髪だったらこうしたいという意見があること。でも、こっちはパーマもカラリングもする気がないので、安易に勧めないこと。もちろん、技術もあって、厚めのボブにしてもらっても切り口がシャープなこと。興味のない話をだらだらしないこと。日本で最後に通っていた美容院と、結婚前通っていた実家のそばの(今はない)美容院の美容師さんはまさにこのタイプで、とても気に入っていた。

 ブリュッセルで最初に行った美容院は、家のそば。いかにも街の美容院というところ。外からちらちら見て、ちょっとおなかが出ているけれどおしゃれなおじさん(50代くらいか?)がいるのが気に入って決めた。そのときは、お互い片言の英語で「でぃすれんぐす」「オオ、ハウイズフロント?」みたいな感じで会話した。外側と中側を「せいむれんぐす」と言ったのに、めちゃくちゃレザーを入れられて、ショックだったけれど、仕上がってみると、外からはストレートに見える量に調整されていた(いや、私の髪は日本人としても太くて多い)。最後におじさんに「フランス語は話さないのか?」とフランス語で聞かれ、「うーーーん、少しだけ」と言ったところ、とても残念そうだったのが印象的だった。

 ボンでは、美容院に行く前に雑誌を買って、ちゃんと想定問答を頭に入れてから行ったのだった。ある美容院で、最初のときに、ばっちり説明できた! 相手も理解できた! と思ったのに「で、どのくらい長く……」と聞かれ、え? 分かってない? とまた最初から説明すると、「うんうん分かった、で、どのくらい長く……?」と言われる。ええええ? と思って顔を見ると、「まあいいや」と切り始めてくれた――ところで、「どのくらい長くここに住んでるの?」と聞かれたことに気づく。恥ずかしさのあまり、そこから帰りたくなったが、その美容院は気に入って、そのあと何度か通うことになった。

 そこで今回は、あらかじめネットでフランスの美容院のサイトを見て、流行の髪型とその切り方、みたいなページの単語を頭に入れて、いざ新規開拓に向かった。ブリュッセル内にも何軒かあるチェーン店で、植物性シャンプーやトリートメントが売りの美容院に行ってみた。ここはカジュアルな制服着用で店員も若い。売りのシャンプーとトリートメントは確かに時間をかけてやってくれるし、日本のレベルには及ばないけれど、頭皮マッサージもしてくれる。肝心のお湯がぬるい……というか冷たいのはまあしょうがない。若い女性スタッフにあたってしまったのだが、説明を丁寧に聞いてくれる(まったく英語に切り替えてくれなかったが)し、まあいいや、と切ってもらい始めた。が、今回は丸めのシルエットにしてもらおうと思ったのは思ったのだが、うーん、やっぱりこっちの思うよりも思い切り量を減らされてしまう。耳にかかる部分を直線で切って残してくれているのも、やりたいことは分かるが、なんかそこだけ浮いているような……。

 でもまあ、髪型なんて命に関わるものじゃないし、気楽に考えようと思うことにして(という考え方がすでに重いが)、さて、次はまた別の店に挑戦してみよう。

0 件のコメント: