2008年12月18日木曜日

クリスマス前の一日

 クリスマスが近づくと年甲斐もなくうきうきしてくる。別にいい思いしたこともないけど、イルミネーションを見ると「恋人がサンタクロース」とか口ずさんだりしてしまう。ブリュッセルは、さすがに飾り付けがきれい。きれいに考えられた観光地イルミネーションも良いけど、商店街がやっている普通の電球を使った道路をまたぐ電飾もかわいくて私は好き。普通の家の生け垣に小さな電飾が巻き付けてあるのもかわいい。

 さて、クリスマスまであと一週間。幼稚園も午前中で終わる水曜日に「子供と一緒にクリスマスクッキー作り!」に挑戦。レシピはこちらで買ったフランス語の「おばあちゃんのクリスマス菓子」みたいなタイトルの薄い雑誌。型は週末にケルンの大きなクリスマス市で興奮して買ってきた型がある。鳩サブレーか? というくらい巨大なくまの顔(目鼻も筋が入るようになっている。まさに鳩サブレー状態)の型が一番のメインイベント。
 まずは昼食後、生地を練るところまでやる。レシピを見ると、粉600g、バター・砂糖それぞれ370g、卵2と、あり得ない量なので、半分にする。それでも、バターも砂糖も気が遠くなるような量。見ていて息苦しくなってきたので、適当に減らしてしまった(お菓子作りに向かない性格)。子供は最初「きゃ~!」と喜んでねちねち混ぜていたのだが、途中で飽きたので、最後は私が練り上げて、冷蔵庫にぶち込む。

 生地を寝かしている間、次はクリスマスツリーの飾りを買いにいく!

 子供もいるし、ヨーロッパだし! と今年はクリスマスツリーを導入した。最初は、切られてしまっているものを買うつもりだったけど、なぜかそういうのは大きくて、根っこ付き鉢植えのほうが小さかったので、そちらを買ってしまった。
 私も夫も小さい頃、郊外一戸建て育ちのせいか、ちょうどそういうのが流行っていた時期なのか、家に生きたクリスマスツリーがあった。しかしいつしか見なくなったような……。私も夫も、「確か、何年かたって鉢から庭に植えたのまでは記憶が……」で終わり。母親にメイルして聞いてみたが「確か最後は庭に植えて……」と同じ回答。

 週末、ケルンのクリスマス市で小さな飾りはいくつか買ってきたが、貧乏性なのか、思い切って買えず、すごくすごく考えて選んでちまちまと買ってしまった。ここはがつんと定番の電飾とメタルのボールを買おう、と決心したので、子供を後ろに乗せて自転車で出撃。まったく関係ないものにはまる子供を制止し、混雑するレジに並び、二軒回って購入(といってもやはり貧乏性なので、50個豆電球の電飾、直前値引きで2.09ユーロ也と赤いメタルのボール6個入り7.80ユーロ也、フェルトのトナカイ10匹組1.80ユーロ也の三種類)。

 が、商店街で興奮したのが効いたのか、自転車の揺れが心地よかったのか、帰り道で子供爆睡。やっとの思いで部屋まで担ぎ上げて床に転がしても微動だにしない。

 ………………。

 が、めげていてもしょうがないので、まず夜ご飯を仕込んでしばらく放置。眠りが浅くなったところで「クッキー焼かないの?」と話しかけてなんとか起こす。寝起きでめちゃくちゃ機嫌が悪いのをなだめて再開。

 生地を伸ばすのは力がいるので私がやることにして、子供が型抜き。生地が硬めなのか、うまく抜けて子供も大喜び。ここでもやはり生地が多すぎるので、半分を冷凍することにした。型抜きして天板に並べるのが、やはりクッキー作りの醍醐味だよな~。と楽しく写真も撮る。子供が撮った写真の方が構図が面白いので、悔しいから私も撮りなおしたり。
 完成したクッキーは使った砂糖がきび糖なので、甘さにくせがある。もう少し減らしても良いな、と思いながら食べる。きび糖が効いているのか、バニラが効いているのか、なんだかキャラメル風味でちょっと気に入りました。

「子供と一緒にクリスマスクッキー!」はアルザスの画家Hansiという人の絵で、伝統衣装を着けた子供がクリスマスクッキーを作っている額絵を持っていたりして、なんとなくあこがれの光景だったり。まあ、私たち親子なので、光景的には似ても似つかないものだったけど。
 さて、来週月曜からは子供は冬休み。冷凍した生地を利用してまた作らなきゃ。

0 件のコメント: